3D測量

地形・建物等構造物を3次元データ化し、設計・維持管理等を容易にします。
また危険な立入禁止箇所(崖・崩落地)などの接触計測が困難な場所(器械設置箇所より200m以内)も測定可能です。

モデリング図
3Dスキャニング点データ画像
メッシュ図化
       

GNSS測量

人口衛星により現在位置を高精度に測定します。
基準点測量、危険および災害発生箇所等の定期観測、他多くのニーズに利用可能です。

       

工事影響調査

公共工事の施工にともなう家屋等への影響について調査します。

       

登攀(とうはん)調査

ロープを使って、急傾斜地の岩盤や落石、吹付モルタル法面の調査を行います。

       

地盤調査

切土法面や崩壊地形、構造物基礎地盤の調査を行います。地質観察、簡易弾性波探査、ロックハンマーテスト、岩石試験なども行います。

       

各種試験

軟弱地盤の状況把握、地盤支持力の評価、圧密沈下量の予測、施工品質管理試験を行います。
(調査、試験例)
・セメント改良配合試験 ・六価クロム溶出試験 ・土の突固め試験 ・現場CBR試験、現場密度試験
・ボーリング調査  ・サウンディング試験  ・平板載荷試験  ・各種室内土質試験

       

用地調査

用地取得等に必要な土地および境界等について調査し資料および図面を作成します。

       

地形測量

地形、地物等を測定し、図面(数値地形図データ)を作成します。

       

公共測量

実施に要する費用を国または公共団体が負担して行う測量